まだ腹筋ローラーをやってないの?手っ取り早く腹筋を割るのに効果的

腹筋ローラー

男なら誰もが憧れる6パック。なれるものならバキバキの腹筋を手に入れたくありませんか?

腹筋を割るためには様々な方法がありますが、手っ取り早いのがこの「腹筋ローラー」。コスパも良く、負荷の高い腹筋運動に加えて腕や背中など上半身の筋肉を鍛えるのに効果的です。

おうちで手軽にできて筋トレ初心者でも簡単に腹筋が鍛えられる腹筋ローラーですが、本当に効果があるのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル大

腹筋を割るためには強い負荷をかけたトレーニングが必要

まず「腹筋を割る」にはどうしたら良いのでしょうか?

そもそも腹筋というものは、縦横の線によって元から6つないし8つに割れています。たいていの人はこの腹筋が回りについた脂肪によって隠されているんです。

じゃあ脂肪を落とせばいいのかというと、そうでもありません。脂肪が減ったところで、ペラペラの腹筋では中々見えてこないし格好悪い。

つまり、

  • 脂肪を減らす
  • 腹筋を大きくする

この二つを同時に行うことによって、バキバキの腹筋が手に入れられるわけです。

腹筋を割るためのメカニズムについてはコチラの記事で詳しく書いてありますので、併せてお読み下さい。

【必見】腹筋を割るために必要なこと。そもそも腹筋は割れている? 

要するに「普通の腹筋運動じゃ負荷が弱くて効果が薄いから、腹筋ローラーを使ったら効率良く腹筋を鍛えられるよ!」って話です。

週に2~3回コロコロするだけ、かつ10分程度でできちゃうから簡単じゃないですか?

腹筋ローラーのメリットとデメリット

「じゃあ具体的に腹筋ローラーの何が良いの?」ってことなんですけど、メリットとデメリットをまとめてみました。

腹筋ローラーのメリット

  • コンパクトで場所をとらない(保管時もトレーニング時も)
  • 腹筋だけでなく腕や背中といった上半身を満遍なく鍛えられる
  • 1,500円程度で購入できるのでコスパが良い
  • 短時間で簡単に高負荷のトレーニングが行える

腹筋ローラーのデメリット

  • 間違った方法で行うと腰を痛める

このようにメリットはいっぱいあることに対して、デメリットは腰を痛める可能性があることしか思い浮かびませんでした。

何より”安い”ってところは魅力的ですよね。引き合いに出して申し訳ないけど「ワン〇ーコア」なんてそこそこ値段もするのに、買ったけど結局使わなくなっちゃったり場所も取るじゃないですか。

そう考えると腹筋ローラーって最強です!

腹筋ローラーを使ったトレーニング方法と頻度

肝心のトレーニングの方法についてですが、大きく2つの方法を覚えるだけで大丈夫です。

  • 膝コロ(初心者向け)
  • 立ちコロ(中級者向け)

さらに片手や片足、高速で行うといった上級者向けのやり方がありますが、正直覚える必要はありません。ここまでできるようになったら既にバキバキの腹筋を手に入れているでしょうから。

さて話を戻します。腹筋ローラーの使い方はイメージできると思いますが、いきなり立ちコロは無茶なので膝をつけた状態で行うのが賢明です。

まずはこちらの動画をご覧下さい。(1:42~見ると手っ取り早いです)

膝コロ

動画のように膝をついて四つんばいになった状態からギリギリまで前にいって戻ってくるのが膝コロです。

中には膝をついても1回もできないといった方がいるかもしれませんが、そういった場合は戻せるところまでいって途中で止めて下さい。

途中で止める方法としては壁に向かって行うことで、前に行き過ぎることがありません。

立ちコロ

膝コロに慣れてきて、負荷が物足りなくなってきた場合は立ちコロに挑戦してみましょう。

膝コロからいきなり立ちコロへと挑戦することは無理があるので、動画のようにキツイと思ったところから膝をついたり、壁をストッパー代わりに利用して少しずつ負荷を増やしていけると理想です。

最終的には立ちコロを10回連続でできるようになりたいですね!

トレーニングの回数と頻度

トレーニングの回数ですが、1回のトレーニングで10回×3セットを行って下さい。始めたての頃は10回行っただけで次の日に激しい筋肉痛が腹筋を襲うでしょう。

これを中2日あけて週に3回行うだけです。

注意する点

腹筋ローラーを使用する上で注意したいことは、デメリットでも挙げたように腰を痛めないようにすること。

体を伸ばした際に腰が落ちて背中が反ってしまうと腰へ負担がかかって痛める原因となるので、キツイとは思いますが顔を上げずに軽くおへそを覗き込むように行いましょう。

また、膝や足の幅を広げて行うことで難易度は下がります。腰が心配な方や、普通に行うのが辛い場合は試してみて下さいね。

おすすめの腹筋ローラー

私自身もガッツリとトレーニングを行うのは億劫だなって時には腹筋ローラーを使ってごまかしています。

畳1枚ほどのスペースで10分もあれば行えるってところはやはり魅力的ですよね。

で、どれを買えばいいの?って話なんですけど、私のオススメは断然コレです。

どの商品も1,000円~2,000円程度で購入できるのですが、この商品はグリップが握りやすくて高いトレーニング効果が得られます。

数百円安いからといってグリップがスポンジの商品を購入すると、汗がしみこんでベタベタしたりスポンジが避けたりと劣化するのが早いですね。

その点こちらの商品はグリップがプラスチックでできているので頑丈です。私はかれこれ3年近く使用していますが、全く異常が見られないので驚いています。

腹筋を鍛えたい人なら買わない手はない腹筋ローラー。効率的なトレーニングでバキバキの腹筋を手に入れましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です