スキーやスノボーはオフシーズンにこそ筋トレをするべし!

スキースノボード一年の約半分はオフシーズンとなるスキーとスノーボードですが、シーズン前の入念な準備は怠ってはいませんか?

初滑りとなれば誰もが慎重になりがちで、ベテランの方でも気を抜いてしまえば大けがに繋がるような事故を起こしかねません。そこでオフシーズンやシーズン中でもしっかりと筋トレを行うことで体を作ることが大事になります。

特にスノボーを始めたばかりの人は、最初は満足に滑ることもできません。しかし筋トレを行なえば上達の近道ともなりますので、まずは自宅でも気軽にできる体作りから始めてみてほしいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

スキーとスノボーで鍛えられる筋肉

スキーやスノボーで使う筋肉なんて無いと思っている方は大間違いです。特にスノボーに関してはバランス感が非常に重要であるため、下半身をよく使うスポーツでもあります。

思い返せば、スキーやスノボーに初めて挑戦した翌日は太もも周りを中心に筋肉痛に襲われた記憶はありませんか?どちらも斜面を滑走するためにバランスを体全体で取る必要があり、そのために下半身の疲労度というのも高くなっています。

具体的には太ももの裏側、お尻周りの筋肉を集中的に使っています。太ももの筋肉痛になる原因は滑走中に使う膝の屈伸運動が上手くできていないことが挙げられますし、変な太ももの筋肉の使い方をしているということになります。

逆を言えば、正しい姿勢や筋肉の使い方をしているだけで、自然と太ももを中心とした下半身の筋肉が鍛え上げられているということになります。

また上達してくると筋肉痛も無くなってきますが、これは正しい姿勢で滑っているということではありません。

スキーやスノボーが上手な人の滑りというのはお腹と太ももの距離が近くなっており、対して初心者の人は距離が離れています。初心者の方は股関節を使えていないために滑りも上達せず、ただ筋肉痛に泣かされていることになります。

それもやはり、太もも裏とお尻周りの筋肉を使えていないことが原因で、日頃の生活から意識して使うことを意識すれば、滑りにも改善の兆しがみられるでしょう。

鍛えればスキーとスノボーに生かせる筋肉や筋トレ方法

スキーやスノボーを上手く滑ろうとするための筋トレは、専用の器具を使用したり難しい動作を必要とはしません。

簡単なのは「ジャンピングスクワット」ですが、正しい姿勢や方法を学ばないとケガをしてしまう可能性もあるので注意してほしいと思います。

背中を丸めないようにゆっくりとしゃがんで、その状態から高くジャンプするだけで大丈夫です。この時のジャンプは勢いよく、手に天井を届かせるほどできるだけ高くジャンプすることを意識してほしいと思います。

下半身の強化だけでなくバランス感覚も身につけることができるので、最も簡単で滑走に直結している運動です。またターンが苦手な人は「ツイストクランチ」という腹筋に捻りの動作を加えた運動を行うといいでしょう。

コツとしては足を上げた状態で行うことで、上体を起こして左側に捻る、また状態を起こして右側に体を捻る、という運動を繰り返していきます。この時に手には小さなボールか何かを持つといいかもしれません。

この時に床にはクッションや柔らかいものを敷いてほしいと思います。無理に腹筋を続けると腰回りを痛めてしまう可能性があり本末転倒となります。

また体感を鍛えることもできるため、滑走中のバランス感を鍛えていることにもなりますので、積極的にツイストクランチを実施してほしいと思います。

スキーとスノボーを上達するために必要なトレーニング

下半身ばかりを鍛えてもスキーとスノボーは上達しないものです。実は上半身の強化も重要なポイントで、多くの人が疎かにしがちな部分となっています。

ある程度上達して来たらキッカーなどに飛び込みたくなるものですが、下半身しか鍛えていなければ空中でバランスを崩してしまい、大けがに繋がる可能性もあります。

そこで上半身の強化が必須となるわけで、簡単な筋トレとしては「懸垂」が挙げられます。ここで鍛えられるのは主に背中周りの筋肉となっており、トレーニングすることで持久力が養われるだけでなく、ターン時のキレというのもアップします。

実際に懸垂を行う際のポイントとしては、肩幅よりも少し広めにスタンスを取って順手で行うことです。できるだけ高く体を持ちあげていき、ゆっくりと体を戻していきましょう。

また意外にも自転車に乗ることも有効で、機会があるのならジムなどで自転車マシーンで有酸素運動を続けることもオススメします。スキー、スノボーで長く滑り続けるためのスタミナが身に付くため、案外無視できないトレーニングとも言えます。

買い物や通勤などで自転車に乗っている人は、普段の私生活でトレーニングを行っていることとなりますので、雪山で滑るための体力を身につけることを意識して運転すれば上達に繋がることでしょう。

まとめ

スキーやスノボーは筋トレを行うことで上達の近道となります。している人としていない人とでは大きく差が表れることでしょうし、将来的にキッカーなどのジャンプに挑戦しようとしている方は尚更筋トレを行うことを強くオススメします。

まずは怪我をしないための筋トレから始まり、そして上達するための筋トレと変化していくため、時間があればトライしてほしいと思います。ただし本格的に行う場合は休息もしっかりと取って欲しいと思います。

ただ回数をこなすだけではスキーやスノボーは上達しませんし、オーバーワークによっても怪我をしてしまうこともありえます。

適切な回数や適度なメニューをこなしてこそ上達への近道となることを忘れずに筋トレに勤しんでほしいと思いますし、紹介した方法で上達してくれれば幸いと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です