お酢がダイエットにいい理由。摂取方法など

酢お酢は体に良いと昔から言われていますが、ご存知ですか?

健康ブームの現代では、お酢が入ったサプリメントやドリンクも種類が豊富に販売され、デパートなどではお酢専用のコーナーやショップもあり、ワインのような香りや甘く飲みやすい味わいのお酢も登場しています。

そして、お酢には疲労回復の効果だけではなく、ダイエットに良い効能があるというのも人気の秘密となっています。では、なぜお酢がダイエットに良いのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル大

お酢の特徴や栄養

お酢には酢酸やクエン酸、アミノ酸が豊富に含まれており、これが酸味の元になっています。この酸味こそがお酢の特徴と言えます。

酢に含まれる酢酸、クエン酸などの有機酸は、エネルギーとなるクエン酸回路を効率的に動かすことがわかっています。

クエン酸回路とは、人間が食べ物から得られる栄養素を体内で分解し最終的にエネルギーと水(尿や汗)、炭酸ガスとなります。これらのサイクルがスムーズに回らないと疲労が溜まってしまうのです。

また疲れが溜まると体の中に乳酸が増加してしまいます。お酢には乳酸が溜まるのを防ぎ、上昇を抑える効果があります。疲れ目肩こりなどにも効いていきます。

さらに、お酢には強い殺菌効果もあります。料理の保存期間を長くさせたり、原因菌を殺菌したりします。野菜を美味しく保存するためにお酢で漬物やピクルスを作ることがありますよね。

長期間、栄養や瑞々しさを保つためにお酢の酸味が効果的なのです。また酢に含まれるアミノ酸は人間の髪や肌、内臓を形成している成分の1つです。アミノ酸には、必須アミノ酸と非必須アミノ酸があります。

人間にとって必要なアミノ酸ですが、必須アミノ酸は体内で作ることができないため、口から食事として取るようにしなければなりません。アミノ酸は美肌効果や便秘解消、体力の向上にも役立つんですよ。

お酢がダイエットに良い理由

お酢の中には、酢酸による脂肪燃焼の効果があります。体の中に溜まった脂肪を燃やすことで痩せることができます。

人間の体の健康状態は弱アルカリ性に保つことが良いとされています。肌には弱酸性のボディソープがよいと聞いたことがありますよね。

肌や血液はph7.4程度の弱酸性ですが、私達の食生活は油っぽい肉やファーストフードなどが原因で酸性に傾いている人も多く見られます。体が酸性に傾いてしまうと冷え性になってしまったり、便秘体質になってしまったりしてしまうことも。

そのような時にお酢の中に含まれるクエン酸やアミノ酸が体の中から弱アルカリ性に変えてくれます。また新陳代謝も活発になり、ダイエット効果が生まれるという訳です。

また、お酢には減塩効果もあります。ラーメンや皿うどんにお酢をかけて食べると美味しいというのを、経験した方も多いのではないでしょうか。これは、お酢をプラスすることで塩味を強く感じることができるからです。

しかし、お酢の中に塩分はありません。塩を減らした状態でもお酢が美味しく感じさせるという訳なのです。塩を減らせば、体のむくみが取れて痩せやすい体作りにつながります。

むくみとは、体の中に必要以上に水分が溜まってしまっていること。むくんでしまうと活発にエネルギー消費ができなくなり、脂肪を溜め込んでしまいます。ダイエットのためには、燃焼しやすい体にすることが大切なのです。

お酢の摂取方法とその理由

お酢を摂取する時は、食事中か食後がおすすめです。お酢の中には、強い酸が含まれています。

そのため、空腹時に胃の中に酸を入れると、胃の中が荒れてしまう恐れがあります。食事と一緒に取るようにすると血糖値の上昇を抑制することができます。

食事を取ると、食事の中のブドウ糖により血糖値は上がってしまいます。しかし、お酢を食事と一緒に取ると、上昇は緩やかになり、脂肪を溜め込みにくい体へと変化します。

食事と一緒に摂る場合は、サラダにするのはどうでしょうか。キャベツを塩もみした後、少量のマヨネーズと合わせてコールスローサラダにします。ニンジンや玉ねぎ、コーンと一緒でも美味しくお酢が食べられます。

また、肉の下味を付けるのにも適しています。肉が柔らかくなり、脂身ではない赤身の肉ならダイエットにもおすすめです。蒸しても炒めても硬くならずに調理できます。

さらに食後にお酢を取るようにすれば、胃液の分泌を促進することができます。食べた物が胃の中に長時間溜まっている状態がなくなり、消化を助けることがわかっています。

大さじ1杯をそのまま飲んでも良いですが、飲みにくいようなら牛乳や炭酸で割ってから飲むようにすると良いでしょう。お湯で薄めてお風呂上りに飲むのも良いですね。体が温まり、冷えから守ります。

まとめ

このようにダイエットにプラスの効果をもたらすお酢ですが、脂肪燃焼、減塩効果や便秘解消、血糖値の上昇を抑える以外にもダイエットに有効な成分が含まれています。

お酢の中のクエン酸は、カルシウムの吸収を助けることがわかっています。ダイエットをスタートすると、好きなものを食べられないイライラからどうしても逃げられないので、ダイエットを止めてしまうという方もいます。

イライラの原因はカルシウム不足です。カルシウムをたくさん取ろうと牛乳や小魚を摂取したとしてもカロリーも気になる所です。また食べた全てが体内に吸収されるわけではありません。

有効に吸収されるようにするためには、お酢の力は大切なのです。摂取の目安としては、1日大さじ1杯~2杯を飲むようにすると良いでしょう。

そしてダイエットには運動も大切です。毎日続けられるような簡単な運動を一緒に行うことで、効果はアップしますよ。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です