栄養豊富なホウレン草。実はダイエットに効果的!

ほうれん草「ホウレン草はダイエットに効果的」という話は聞いたことはありますか?

ホウレン草に対して栄養豊富というイメージはあるかもしれませんが、なかなかダイエットに有効という話を聞いたことがある人は少ないかと思います。

しかしホウレン草の成分を用いた実験が行われ、そのダイエット効果が実証されたのです。実験はホウレン草から抽出したエキスを用いたものなのですが、スーパーで売っているようなホウレン草にもダイエット効果は十分期待することができます。

そんな魅力的なホウレン草について詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

ホウレン草の特徴や栄養

ホウレン草の特徴はその豊富な栄養です。ホウレン草に含まれる代表的な栄養にはビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、鉄などがあります。

ビタミンは身体の中でとても重要な働きをします。ビタミンAは目の機能に深く関与し、不足してしまうと視力低下などを招きます。ビタミンB群は身体の代謝と深く関係しています。

炭水化物や脂肪をエネルギーに変換したり、たんぱく質の代謝を行います。ビタミンCは抗酸化作用があり、身体のアンチエイジングを期待できます。ビタミンEも強い抗酸化作用をもちます。

鉄は貧血予防に役立ちます。鉄が不足すると倦怠感を感じやすい身体になります。女性の場合月経、妊娠、授乳など鉄を失うことが多いため意識して摂取することが大切です。

他にも細胞の生成に関与すし代謝に深く関わる葉酸、骨の形成を助けるマンガン、塩分を体外に排出させるカリウムなど、様々な栄養が含まれています。いつ食べても栄養豊富なホウレン草ですが、特に食べごろな時期は冬です。

冬のホウレン草は夏場に比べて栄養価が高く、ビタミンC含有量は夏に比べて3倍程度ともされています。また霜があたると甘みが増して、美味しさも倍増します。

ホウレン草を購入するときですが、葉っぱと根っこを確認することをおススメします。葉が濃い緑色していて肉厚なものや、根っこの部分がふっくらと膨らんでいるものを選べば、より美味しいものを食べることができます。

ホウレン草がダイエットに良い理由

ホウレン草がダイエットに良い理由は、その高い栄養価にあります。

ダイエットをするにあたって重要なことは、いかに栄養を正しく摂取して代謝をするかです。体内の栄養バランスが崩れてしまっていると、身体はその不足している栄養を補おうとして食欲を増進させることがあります。

ホウレン草の豊富な栄養によって体内のバランスを整えることで、ダイエット効果を期待することができます。また含まれている栄養そのものにもダイエット効果を期待できる成分がいくつもあります。

ホウレン草に含まれている食物繊維には便秘の解消や代謝の改善が期待できます。また食膳に食べることで血糖値の急激な上昇を予防することができます。ビタミンB群もダイエットに効果を発揮します。

ビタミンB1には糖質をエネルギーに変える働きが、ビタミンB2には脂質をエネルギーなどに変える働きが、ビタミンB6にはたんぱく質の代謝を促す働きがあります。

ビタミンCは代謝の根幹に関与しており、むくみの改善などの効果が期待できます。またホウレン草にはチラコイドという成分が含まれています。この成分は摂取することで食欲を抑制するレプチンというホルモンが分泌されます。

レプチンにより過度な食欲を抑えられ、ダイエットの効果を高めることが出来ます。ただしチラコイドはホウレン草を普通に食べても摂取が困難という見方もあるため、サプリメントなどを用いる方が効果的と言えます。

ホウレン草の摂取方法とその理由

ホウレン草の摂取方法はササッと茹でて、油で炒める調理法がおすすめです。

ホウレン草にはビタミンが豊富に含まれており、このビタミンには水に溶けだしやすい水溶性ビタミン、油を用いると摂取しやすくなる脂溶性ビタミンが含まれています。

この特徴から脂溶性ビタミンは油で炒める調理法で摂取がしやすく、水溶性ビタミンは茹でると茹で汁の方に水溶性ビタミンが溶けだしてしまい栄養を失ってしまいます。

では茹でずに油で炒めればよいのか、というとそうとは言い切れません。ホウレン草に含まれるシュウ酸というアクとなる成分が含まれており、これは茹がくことで落とすことが出来ます。

そのため素早くと茹でてシュウ酸を落としつつも水溶性ビタミンの損失を最小限にして、そして油で炒めて脂溶性ビタミンの摂取効率を上げる方法がホウレン草のビタミン摂取には良い方法だと言えます。

ホウレン草を切る方法も重要です。茹でる時にホウレン草を切ってしまっていると、その切り口から栄養素が茹で汁に逃げやすくなってしまいます。茹でるときはホウレン草を切らずに茹でた方が栄養を逃がしません。

またホウレン草の根っこは切って捨てますが、出来るだけ根っこの赤い部分は食べるようにした方が栄養をしっかり摂取できます。ホウレン草の根っこの赤い部分にはマンガンが豊富に含まれています。

赤い部分を大きく切り取ってしまうと、その栄養を捨ててしまうことになってしまいます。食べ合わせは肉や魚といったタンパク質と一緒に食べることで、ホウレン草の鉄分吸収率が良くなりますよ。

まとめ

ホウレン草はスーパーなどで簡単に購入することができ、とても身近な食材です。サラダ、お浸し、シチュー、グラタン、カレーなど様々な料理で活躍します。

その身近なホウレン草には豊富な栄養や、そしてそのダイエット効果など魅力がいっぱいです。特にダイエット効果に関してはカロリー制限だけを重視したダイエット方法もありますが、それでは身体に必要な栄養が十分に摂取できず美しく痩せることはできません。

身体の内側から整えることで自然に代謝を改善させ、そして外見も中身も美しくスマートになることがダイエットには重要なのではないでしょうか。ホウレン草であればその栄養から、それらを期待することができます。

調理方法を工夫すればより一層の効果も期待できます。毎日の食卓にちょっと意識をしてホウレン草を添えてヘルシーな生活を送ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です