筋トレやダイエットに!食べてはいけないNGフード10選

筋トレやダイエットで食べるべきではないNGフード

筋トレやダイエットで肉体改造をしている方にとって、食事の管理はとても重要なことです。

いくら鍛えようが偏った食事をしていては筋肉は付かないし、ダイエットにおいても同様です。

トレーニングメニューを考える前に、食事メニューを考えましょう。まぁ「食べるな!」とまでは言わないけど、知ってるのと知らないのとでは大違いですからね。

私も始めは本やインターネットで色々勉強しましたよ。

正しい知識をつけてから臨みたいですね。

ということで今回は、筋トレやダイエット中に食べてはいけないNGフードを挙げていきます。

スポンサーリンク
レクタングル大

筋トレやダイエット中は避けるべき食品やメニュー10選

フライドポテト

フライドポテト

後述する揚げ物やファストフードのジャンルに属するんですが、あえて名指しで挙げさせていただきました。

理由はシンプル。「ノータンパク×(糖質+脂質)×高カロリー=悪」です。

良さを挙げるなら味くらいでしょうか。揚げたてのポテト美味しいですよね。

私は常日頃から、「フライドポテトはタバコと同じだと思え」と言っています。嗜好品だから好きな人は食べれば良いけど、体には良くないよねって。

私もフライドポテト好きなんですよ。でも我慢です!

ラーメン

ラーメン

次にラーメンです。

後述する麺に関連しますが、こちらもあえて名指しです。

体に良いラーメンなんて聞いた事がありませんよね?あるのかもしれませんが、ほとんどのラーメンはNGです。脂質×糖質ですからね。

美味しいのは分かるんですよ、お酒を飲んだ後のシメのラーメンはどうしてあんなにも美味しいのでしょうか?ですが健康のためには我慢です。

もちろん、カップラーメンもですよ。私はもう3年以上カップラーメンを食べていません。食べないようにしていると、自然と食べなくても何も思わなくなるものです。

余談ですが、「痩せたい」と言っているのにラーメンばっかり食べている人をよく見かけます。

そのようにならないようにしましょうね!

パン

クロワッサン

続いてパンです。

パンといっても色々ありますが、特に注意すべきなのが「菓子パン」「惣菜パン」です。

朝食などには手軽でもってこいのパンですが、バター砂糖が多く使われていて尚且つ高カロリーです。とても体に良いとは言えませんね。パン屋さんに売っているパンも美味しいんですよね。

しかしここは我慢しましょう!体のためです。

どうしてもパンが食べたい方は、最近よく見かける「ふすまパン」や「ブランパン」でしたら糖質も少ないのでオススメですよ。

カレー、シチュー

カレー

次にカレーやシチューです。

男性の方だと中々いないかもしれませんが、ホワイトソースを作ったことはありますか?

ホワイトソースは、たっぷりの小麦粉とバターでできています。カレーなんて、そのソースをご飯にかけますからね。こうやって考えると恐ろしいです。

美味しくてついつい食べ過ぎてしまいますが、どう考えても過剰摂取です。

と言っても、口にする機会も少なくはないと思うので、どうしても食べなければいけない際には「少な目」にしましょう。

これは、どの食べ物にも言えることです。

ファストフード

ファストフード

でましたファストフードです。

ハンバーガーや牛丼、ピザなどもそうですね。

お手軽に食べれることが罠なんです。ジャンクフードと呼ばれることもあり、基本的に高カロリーで栄養も偏っています。

ファストフード好きでスリムな体型の人を見たことがありますか?中には居るのかもしれませんが、少数ですよね。

おかしなことを言いますが、積極的に避けましょう!いや、断ちましょう!

脂の多い肉、魚

脂の多い肉

次に脂の多い肉や魚です。

鶏ももや豚バラ、カルビやホルモン、ブリやハマチ、どれも美味しいものばかりですね。

鶏ももは唐揚げにすることが多いと思いますが、言語道断。野菜炒めなどに入っている豚バラも要注意です。

焼肉で食べ過ぎてしまう、カルビやホルモン。ブリやハマチも脂が乗っていて美味しいですが、NGですね。

特に魚はお寿司で食べる機会が多いと思いますが、酢飯なんて糖質×糖質ですからね。そこにブリが乗っていると考えると・・・。恐ろしいです。

鶏肉はササミか皮を剥いだムネ。焼肉はできれば赤身。魚もマグロやカツオなどの赤身です!

よーく覚えておいて下さい。

どれも工夫すれば美味しく食べられますよ。

揚げ物全般

揚げ物

はい、揚げ物。

いわずもがなって感じですね。

小麦粉や片栗粉をつけて揚げてますからね。そろそろお分かりかと思いますが、基本的にNGフードに挙がるものは糖質×脂質がほとんどです。

衣を剥いで食べれば問題ありませんが、もうそれって揚げ物ではないですよね?関連するところでいうと、炒めものも要注意です。脂を摂りすぎる恐れがありますからね。

意外と知られていないのが、「野菜かき揚げ」。うどん屋さんなんかでよく目にしますよね?「天ぷらかぁ。脂だし、申し訳程度に野菜のかき揚げにしておこう」。なんてことが良くあると思います。

ちょっと待って下さい!野菜は脂の吸収率も高く、野菜かき揚げのは約500kcalもあるんですよ!(うどんが300kcal前後)これは認識を改めないといけないですね。

そうすると食べれるもの無いじゃん!って思うかもしれませんが、そんなことありませんよ。改めて食習慣を見直すチャンスです。

粉物(麺)

粉物お好み焼き

次に粉物です。関連するものとして麺も入れさせていただきました。

お好み焼きやたこ焼き。焼きそばやパスタなどです。小麦粉にまみれています。

そのまま食べることは無いので具材を入れたりソースをかけたりするのですが、やはり糖質×糖質または脂質になりがちです。お好み焼きをおかずにご飯なんて、許されたもんじゃないですよ。

先ほどカップラーメンがダメと言いましたが、カップ焼きそばも同じです。ダメ、絶対。

高カロリー間違いなしのこれらのメニューは、やはり避けるべきですね。

お菓子

ポテトチップス

さてお菓子です。

駄菓子やスナック菓子は美味しくて止まらなくなりますよね。ついつい間食に食べがちです。でも体に良いお菓子なんて無いんですよ。どうしても食べたいなら都こんぶを食べておいて下さい!(冗談です)

駄菓子は基本的に砂糖にまみれていますし、ポテトチップスなんてフライドポテトと同意です。美味しいし、食べたくなるのは分かります。しかしグッと堪えましょう。

コンビニやスーパーに行っても、お菓子のコーナーは通らないようにすると良いですね。

スイーツ

スイーツ

最後にスイーツです。

ケーキなどですね。こちらも糖質×糖質です、甘い!どれだけの糖質を摂れば気が済むのか。せいぜいお祝いごとの時くらいにしておきましょう。ご褒美?ちょっと何言ってるか分からない。

和菓子も危険ですよ。甘いなりの理由があるんです。

徹底的に排除したいところです。

番外編

食べ物ではありませんが、絶対に避けたいものがあります。

ジュース、アルコール

アルコール

まずジュース。ジュースと言うより、清涼飲料水ですね。

砂糖の塊ですよ。それに体に良くないものが沢山入っています。一本に入っている砂糖の量を見ると驚愕しますよね。0カロリーもダメです。

オーガニックのフルーツジュースや野菜ジュースでしたら構いません。ペットボトル製品は大体NGです。

そうすると、飲み物は水かお茶にしたいですね。コーヒーや紅茶はできるだけミルク(生乳はOK)砂糖を使わずに!

そして、アルコール。

こちらも言わずもがな、ですね。嗜む程度なら良いんです。飲みすぎとツマミの食べ過ぎに要注意ですね。

まとめ

こうしてみてみると、「好きなものばかり出てくるじゃないか!」って方も多いのではないでしょうか?

安心して下さい、私も同じです(笑)

それぞれ絶対に食べてはダメとは言いませんが避けるべきです。しかし、「いや、絶対に食べない!」くらいの意志で望まないと続かないかもしれせんね。

どうしても難しい方は「夜だけは我慢する」という形でも結構違いますよ。

先ほども言ったように、「そんなこと言ったら食べるものが無くなっちゃうじゃないか!」と思うかもしれませんがそんなことはありません。外食を避ければ案外食べないものが多いので、意外と大丈夫です。

お菓子やジュースは誘惑に勝たないといけませんが(笑)

そんな時は和食を中心にすると、メニューに困りませんよ!健康的にいただけるものが多いのでオススメです。

何のためにやるのかといえば、トレーニングやダイエット、健康の為。誰のためにやるのかといえば、自分のためです。

健康に過ごせるように、体に良いものを食べるよにしましょうね。

トレーニングにはタンパク質が重要です。

こちらの記事も合わせてお読み下さい ⇒ 体を作る上で欠かせない栄養素「タンパク質」。その働きは?

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です