ゆで卵が筋トレ時の食事や間食に効果的な理由

ゆでたまご健康的で美しい身体を作りあげていくために、筋トレはとても重要ですよね。特に男性であれば、しっかりとした強い筋肉は本人の大きな魅力に繋がる場合も多いです。

さて、あなたの筋トレをより効率よく進めていく方法は決してトレーニングだけではありません。あなたの普段の食生活において、ゆで卵を上手に取り入れていくことで、筋トレはよりスムーズに効率よく進めやすくなっていくのです。

様々な栄養素が豊富に含まれているエネルギーフード「ゆで卵」と筋トレの関係についてチェックしていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

ゆで卵の栄養素

では、まずはゆで卵の栄養素からチェックしていきましょう。一般的なMサイズのゆで卵において、カロリーは約100キロカロリー程度です。ひとつでしっかりとカロリーを摂取できる食べ物ということになります。

また、タンパク質が豊富に含まれているのもポイントです。ゆで卵ひとつにつき、約7.5グラムほどが平均です。

そもそも卵自体がタンパク質を豊富に含んでいる食品ですが、実際のところ、タンパク質とは食べた分すべてがしっかり吸収されるとは限りません。ただし、火を通すことによってタンパク質の吸収率は飛躍的に高まります。

生卵に含まれているタンパク質吸収を邪魔してしまうオボムコイドという物質が、加熱によって分解されるため、生卵よりもゆで卵の方がタンパク質を取り入れやすいのです。

その上で、ゆで卵ひとつに含まれている脂質は約7グラム程度。タンパク質を上手に取り入れつつ、脂質を余分に取りすぎてしまうのを防ぎやすい食べ物にもなっています。

また、ゆで卵にはミネラルもたくさん含まれています。ビタミンB1やビタミンB12の含有率も高いことで知られています。他の食品と比較しても、セレンやビオチンなどの栄養素の含有率にも注目が集まっています。

ゆで卵が筋トレに効果的な理由

それでは、ゆで卵が筋トレに有効な理由とはいったい何なのでしょうか?その理由の非常に大きな部分としては、「必須アミノ酸」の存在が挙げられます。

筋トレに励んでいる人は、一度は耳にしたことがある単語でしょう。「必須アミノ酸」の存在は、筋肉が健康的に発達していくために決して欠かすことが出来ない重要な存在です。

ゆで卵のアミノ酸スコアは、最高点である100です。それをゆで卵としてアレンジすることで、加熱によるタンパク質の吸収率上昇も狙っていくことが出来ますから、筋肉はより効率よく成長しやすくなるというわけです。

ゆで卵の黄身部分には、「オレイン酸」や「レシチン」などの栄養素が豊富に含まれています。これは体内の善玉コレステロールを増やしてくれる働きがあるため、良質なコレステロールを取りいれて、肝臓部分における余分なコレステロール量を減少させてくれます。

脂肪を減らし、筋肉のついた魅力的な身体づくりを目指したい人にぴったりの食べ物である理由のひとつです。また、筋トレ中は食事内容を制限している人も多いです。そんなとき、ゆで卵は加熱することで硬さが出て、食感を楽しむこともできる便利な食べ物です。

同様の効果を狙うプロテインドリンクなどと比較すると、しっかりと「食べた」という実感を持つことが出来ますし、腹持ちも良いですから、トレーニングの間食としても最適というわけです。

ゆで卵の調理方法(食べ方)

ゆで卵は、誰でも簡単に作れるのも嬉しいポイントのひとつです。鍋ひとつあれば、特別な調理器具を用意する必要もありません。基本的には、中火で湯気が出るまで茹でるのがおすすめです。

そのあとは弱火にして五分ほど茹でて、火を止めてから五分間蒸らすのが良いでしょう。この蒸らす過程がポイントで1~2分長くしたり短くしたりすることで、半熟のゆで卵を作ることもできますし、固ゆでのゆで卵にすることもできます。

好みに合わせた固さに調整すると、より取り入れやすいですよね。鍋を使用せずにゆで卵を作れる調理器具も多数登場しています。レンジでチンするだけでゆで卵が作れるものもあるので、火を使う手間も省けるでしょう。

更に、ゆで卵を使用したアレンジメニューも豊富なのもメリットのひとつです。サラダに乗せて食べれば、ゆで卵に含まれていない食物繊維とビタミンCも上手に補うことが出来るので、よりスムーズに筋トレの手助けをすることが出来ます

肉や魚などのタンパク質が豊富な食品と合わせても良いでしょう。味付けや食品の種類を工夫すれば、カロリー量を抑えつつ、効率よく良質なタンパク質をたっぷり取り入れていくことが出来るでしょう。

まとめ

卵には、他の食品には決してマネできないほどのたくさんの栄養素が豊富に詰まっています。その上、ゆで卵としてアレンジすることで、それらの栄養素を筋トレに対してより効率よく取り入れていくことが出来るのです。

スーパーマーケットやコンビニエンスストアなど、どこにでも売っているので購入しやすいのも嬉しいですね。安売りをしていることも多いので、筋トレ補助を経済的に進めたいと思っている人にもぴったりだと言えるでしょう。

もちろん、食べ過ぎには注意が必要です。栄養価が豊富ですから、食べ過ぎるとカロリーオーバーになってしまいますし、脂質もとりすぎになってしまう可能性があります。

上手にコントロールしながら、筋トレに適量を食べるようにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です