バナナは筋トレ前の素早い栄養補給や間食にピッタリ!

バナナ筋トレにはバナナ、と言われていることを知っている人も多いでしょう。そう言われているのは、筋トレを行う前にバナナを食べることで、筋トレ自体の効果や回復や怪我の予防という効果を得ることができるからです。

しかしなぜバナナにそのような効果があるのでしょうか。また、バナナだけを毎日食べていれば味気ないものですので、他の食べ方というのも気になるところです。そこで今回は、そのようなバナナの秘密について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

バナナの栄養素

バナナの最大の魅力といえば、低カロリーです。お米とバナナのカロリー数を比べれば差は歴然としており、同じ量を食べてもバナナであればカロリー数は半分以下に抑えられます。

そのため、余計なカロリー摂取を抑えられる食材として、筋トレやダイエットを行う人から支持されているのです。栄養素としてはカリウムや糖質、少量のたんぱく質など、様々なものが含まれています。

カリウムは筋肉の収縮を助けてくれる栄養素の一つです。筋肉が張っている状態で筋トレを行ってしまえば、肉離れなどの怪我をしてしまうこともあるため、カリウムは怪我を防止してくれる栄養素と言い換えることもできます。

また、バナナに含まれている糖質には、ブドウ糖やショ糖という糖質が含まれています。これらは体に吸収されやすい糖質であり、食べるとすぐにエネルギーに変わるという性質を持っています。

つまり、バナナは栄養補給のための食材としても優れているということです。

他にもバナナにはナイアシンという腸を健康な状態に保ってくれる働きをする栄養素や、ビタミンB1のような糖質の代謝を促してくれる栄養素も含まれています。

筋トレにはもちろんですが、健康を守る上でも優れた食材だということがわかるはずです。

バナナが筋トレに効果的な理由

バナナが筋トレに効果的だといわれているのは、素早く体に吸収されるからです。他にも様々理由はあるのですが一番の理由です。

筋トレを行うと体は激しくエネルギーを消耗してしまいます。そのため、筋トレ前に栄養補給を行うことは必須であり、それに向いている食材がバナナなのです。

空腹の状態で筋トレをすることに意義を感じる人も多いのですが、そのような状態だと、体は筋グリコーゲンという筋肉に存在する栄養を消費してしまいます。

当然そうなれば筋肉は細くなってしまいますので、筋トレをしているはずが、体の中では真逆のことが起きてしまうという結果になってしまうのです。

さらに、先ほども紹介しましたが、バナナには怪我を防止してくれる栄養素も含まれています。筋トレにはまってしまうと、どうしてもより激しい筋トレを行ってしまいがちですので、怪我をしてしまう人も多いです。

ジムなどであればトレーナーが止めてくれるかもしれませんが、一人で行っている場合には怪我をしてから後悔することになってしまいます。栄養補給と怪我のリスク回避、これがバナナが筋トレに効果的な理由です。

実際に、筋トレを行う人の多くが、30分前にはバナナを食べて筋トレを行っています。

バナナの食べ方

バナナの食べ方については、やはり一番簡単なのはそのまま食べるということです。持ち運びも簡単ですし、常温でもある程度は耐えられます。

ただ、それを毎日続けていると、さすがに飽きてしまいますので、他の食べ方も紹介していきましょう。

ハチミツきなこバナナ

バナナを適度に切り、その上からきなことハチミツを加えれば完成となります。きなこにはたんぱく質が豊富に含まれており、ハチミツにはアミノ酸が多く含まれているので、筋トレにも適した組み合わせの食べ方です。

バナナプロテイン

調理方法はバナナとプロテインと水をミキサーで混ぜるだけです。お好みでハチミツを加えても良いでしょう。この食べ方も筋肉をつけるためのたんぱく質を一緒にとることができますので、筋トレ前に食べると良いです。バナナ味のプロテインも売られているくらいです。

バナナケーキ

ホットケーキの粉を混ぜ合わせた際に、バナナを潰して入れて、そのままホットケーキを作れば簡単にバナナケーキを作ることができます。

ミカンをばらばらにして、少量の砂糖とレモン汁を加えてレンジで5分ほど温めればミカンソースができますので、それをかけて食べても良いでしょう。ミカンのクエン酸には疲労回復の効果もありますので、筋トレの際の食事としても適しています。

まとめ

バナナは筋トレの大きな助けになるということが理解できたでしょうか。バナナに含まれる栄養素には、そのために開発したのではないかと思えるほど、筋トレを助けてくれる栄養素がたくさん含まれているのです。

バナナが筋トレを行う人にこれだけ支持されているのは、それなりの理由があるということです。栄養補給、怪我のリスクの軽減、回復力増加、一度にこれだけ多くの効果を得られる食材は他にないでしょう。

筋トレを行う全ての人にオススメしたい食材です。また、バナナというとそのまま食べるくらいしか食べ方を思いつかないものですが、工夫すれば様々な味で楽しむことができるようになります。

バナナが苦手だという人も、調理方法によっては食べられるようになるかもしれませんので、試してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です