熊田曜子の産後ダイエットの秘密。少しの習慣が大きな効果を生む!

熊田曜子 ダイエット

熊田曜子さんはグラビアアイドルとして有名になり、数々のテレビ番組に出演。そして現在では結婚して子供を生み、子育ての真っ最中です。

そんな熊田曜子さんはダイエッターとしても有名で、妊娠中にかなり太ってしまい、これではダメだとダイエットに取り組んで産後14キロも痩せたそうです。

熊田曜子さんのダイエット方法は「食事制限」と「運動」を組み合わせたもので、食事1つ1つに気を使ったものです。そんな熊田曜子さんのダイエット法を紹介していきます。産後で太ってしまった方必見です。

スポンサーリンク
レクタングル大

熊田曜子の経歴

熊田曜子さんは1982年に岐阜県岐阜市で生まれ、幼少時代はスポーツがかなり好きだったようです。

そして高校時代に「ミスマガジン」コンテストで最終選考まで残りますが、母親に芸能界入りを反対され最終選考を辞退しました。

その後、母親の勧めもあり看護学校に入学。それでも芸能界入りを諦めきれなかった熊田さんは2001年の雑誌のオーディションに応募し、見事合格。そのまま芸能界デビューとなります。このころはグラビアを中心に活動し、数々の雑誌の表紙を飾りました。

その後数々のテレビ番組に出演するようになり、タレントとして活動して人気を集めました。グラビアアイドルの世界はすぐに人気がなくなり長くは活躍できないものですが、10年以上にわたって活動しているので、息の長いグラビアアイドルと言っていいでしょう。

特にグラビアアイドルはボディメイクは必須で熊田さんは常にダイエットをしながら体型を維持してきました。結婚する前にも数々のダイエット本を出版しています。

そして2006年にはCDデビュー。さらに、2007年には岐阜県出身ということもあり、飛騨・美濃観光大使にも選ばれました。

その後2012年4月にテレビ朝日の「ロンドンハーツ」で一般男性と結婚し妊娠していることを発表。そして同年12月に第1子出産を発表しました。2015年4月に第2子妊娠を発表し、10月に第2子を出産。前年に流産も経験したそうです。

熊田曜子のダイエットの特徴、きっかけ

熊田曜子さんはグラビアアイドルだったので体型維持のためにダイエットなどは取り組んでいたようですが、第1子を妊娠していた時に体重が16kgも太ってしまいました。

特に妊娠中は太りやすく、食事制限などのダイエットはNG。これではダメだと、出産してからダイエットすると決意したようです。

熊田曜子さんの産後ダイエットで特徴的なのはまず食事制限です。熊田さんは数々のダイエット本を買い、カロリーについて勉強。ただ単に食事制限をするのではなく、食べ物に対する意識を変えることによってダイエットに取り組みました。特に食事の一品一品にもかなりのこだわりを見せています。

また食事制限だけでは短期間では痩せられないので、運動にも積極的に取り組みました。特に毎日6kmのウォーキングを行いカロリーを燃焼。その後6kmのランニングに変更したことで、より効果が現れました。

そしてエクササイズにも積極的に取り組み、スクワットなどを行いました。後で紹介しますが、赤ちゃんを抱っこしてスクワットを行ったり、ベリーダンスをしたり、バランスボールに乗ったりと数々のエクササイズが挙げられます。

熊田曜子さんのダイエットは、多くの知識を取り入れて努力されていることが特徴的ですね!

熊田曜子の食事やトレーニング方法

先ほども述べましたが、熊田さんは食事や運動に拘ってダイエットを行っていました。

まず食事方法として、白米を玄米に変えました。熊田さんは白米が大好きだったようですが、玄米に変えてから1ヵ月で1kg痩せたそうです。玄米は白米よりも食物繊維やミネラルなどが豊富に含まれています。

そして玄米はGI値が低くインシュリンの過剰分泌を抑えることができるので血糖値の上昇が緩やかになり、体脂肪が蓄積されにくくなることでダイエットに効果があります。

またドレッシングにも拘りをみせ、ドレッシングはかけるのではなく付けるようにしたそうです。ドレッシングを直接上からかけてしまうと案外たくさんかけてしまい、余計なカロリーが多くなります。

そこでドレッシングを別皿に入れて付けるようにして、余計なカロリーをセーブしていました。こういったちょっとしたことの積み重ねが効果を生むことを証明していますね。

次に熊田さんの運動方法としては、赤ちゃんを抱っこしてスクワットを行ったそうです。赤ちゃんは6kgもあり、抱きながらスクワットをするのは結構辛い運動であることは想像できるでしょう。

これを行うことにより、赤ちゃんとコミュニケーションをとる効果もあるので一石二鳥ですね。

さらに熊田さんはベリーダンスにも取り組んでいます。ベリーダンスは腰回りを頻繁に動かしますので、くびれを作るには最適のエクササイズです。特におなかを引き締めるのに効果がありますよ。

このような努力が、産後にも関わらず素晴らしいプロポーションを生んでいるわけです!

まとめ

熊田曜子さんの産後ダイエットについて紹介してきましたが、熊田曜子さんのダイエットには食事、または運動において様々な工夫が見られます。

特に玄米を白米に変えただけでダイエットに成功したり、ドレッシングの付け方を変えるなど、少し食事習慣を変えるだけで痩せることができていますね。

食事制限系のダイエットは、ただ単にカロリーを減したり食事の量を減らしたりするだけでは、ただ辛いだけでリバウンドしてしまう場合も多いでしょう。しかしこのように少しだけでもいいので、食事の習慣を変えることで意外と簡単にダイエットを行うことができます。

みなさんも熊田曜子さんのダイエット方法を参考に、食事の習慣を変えてみることや、ちょっとした運動に取り組んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です