色気のある女優、榮倉奈々。普段の食事や筋トレの方法は?

榮倉奈々 色気

最近の若手女優の中でも年々存在感を増している榮倉奈々さん。彼女のスタイルの良さには男女問わずに注目が集まっています。

2016年のドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」では、東大出身の女性弁護士を演じ、そのスマートないでたちから「できる女」のストイックさが感じられました。

そんな榮倉さんは、もちろん私生活でもスタイルを維持するためのストイックなトレーニングと、それを続けていく工夫をしているようです。

スポンサーリンク
レクタングル大

榮倉奈々の経歴

2002年にスカウトされ芸能界デビュー。「SEVENTEEN」の専属モデルとして活躍を始めます。スカウトされた場所は渋谷「109」で、榮倉さんは当時中学3年生でした。

女優としてのデビューはテレビドラマ「ジイジ〜孫といた夏」。こちらは2004年なのでまだ高校生ですね。初主演のドラマ「ダンドリ。〜Dance☆Drill〜」(2006年)ではチアダンスに打ち込む女子高生を熱演。

ドラマ「プロポーズ大作戦」(2007年)では、主演の長澤まさみの親友役として出演、日刊スポーツ・ドラマグランプリ助演女優賞を受賞しています。

NHK連続テレビ小説「瞳」(2008年)では、東京の下町でダンサーを目指す主人公瞳を演じました。そして2009年には「SEVENTEEN」を卒業し、女優業に専念します。

以降、女優としての評価がみるみるに上がっていきます。そして2010年、映画「余命1ヶ月の花嫁」で、若くして乳がんにおかされつつも懸命に生き抜く主人公を演じ、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞します。

2011年には凄惨な過去を持つ女性の役で出演した、さだまさしの小説を原作にした映画「アントキノイノチ」がモントリオール世界映画祭でイノベーションアワードを受賞(ワールド・コンペティション部門)し、世界の舞台でも活躍が期待されている女優の一人です。

榮倉奈々のスタイル維持の秘訣、特徴

榮倉さんのスタイルの秘訣として、運動をしっかりとしたメニューを組んで行っているようです。

しかし驚きなのは、10代でデビューして以来ずっとスタイルを維持していることです。そのためにはトレーニングを長続きさせるための、榮倉さん独自の考え方がありました。

まずモチベーションを維持するために、可愛いスポーツウェアやシューズを選ぶことが大事と語っています。確かにトレーニングが苦行になってしまっては、長続きするはずもありません。

「トレーニングをすればあのスポーツウェアを着たり、シューズを履くことができるんだ!」といった、「目的と手段の逆転」を行うことで、結果的にトレーニング自体にもいい影響を与えることはできそうです。

また、休みたいときには休むことが重要とも語っており、まずは自分のライフスタイルに合ったトレーニングのサイクルを作ることが必要だと考えているようです。

つまり人のやり方を参考にすることはあっても、それを全てトレースするようなやり方はするべきではないということです。何故なら生活のリズムは人それぞれ違い、トレーニングに使える時間もそれぞれ違います。

人のやり方を完全に真似しようとすれば確実に無理が生じ、続かないという結果になってしまうのです。

榮倉奈々の食事やトレーニング方法

榮倉さんがトレーニングを始めたきっかけは、アクション映画「図書館戦争」に出演したことだそうです。

そして、まず大事なのは体の基礎づくり。自宅にはボールやローラーがあり、空いた時間でストレッチをするなど普段から良いコンディションを保つ工夫をしています。

榮倉さんが行っているストレッチはユニバーサルストレッチという方法で、スポーツ選手も練習に取り入れる本格的なもののようです。

このストレッチこそがスタイルの維持には重要で、体の筋肉を柔軟にしておくことで血行・代謝を良くするのです。この筋肉が柔軟な状態を保つことが、最も重要な体の基礎づくりになります。

また、バランスボールを使った体幹を鍛えるトレーニングも行っているそうです。このような体の基礎づくりとコンディションの維持をしないまま、いきなり激しい走り込みは禁物なのです。

あくまで走り込みはトレーニングの仕上げになります。榮倉さんの場合は、ジムでエアロバイクなどを使用しているそうです。

このように、しっかりとした筋肉をつけることが榮倉さんのトレーニングの根本にあるため、揚げ物は控えるなどバランスには気を使っているものの、主食はしっかり食べるとのこと。

ジャンクフードを自分へのご褒美として食べることもあるそうです。やはり多少なりとも食事にも気は使っているようですね。

まとめ

スタイルの維持やダイエットにおいて、まず大事なのは続けること。榮倉さんは楽しく続けるためのしっかりとした工夫をしていることがわかりました。

そしてかなり本格的なトレーニングをしているのも、結果が出なければモチベーションを維持できないからということにも繋がるようです。

また女優としての仕事が次々と舞い込んでくる中、自分のライフスタイルに合ったトレーニング方法を常に模索してるのでしょう。

これはどんな人にも当てはまることで、日常生活の変化に合わせてトレーニングやダイエットも変えていく必要があるということです。

今後もテレビや映画の中で榮倉さんの維持されたスタイルを見る機会は多いでしょう。

みなさんもモチベーションを維持して続けられるトレーニングやダイエットを考えて見てはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です