ラグビーWCにて一躍有名となった五郎丸歩の経歴と食生活

五郎丸歩2015年のラグビーワールドカップイングランド大会での日本代表の活躍は目覚ましいモノがあり、優勝候補の南アフリカ代表を撃破するなど3勝を挙げました。

その日本代表の中心メンバーとして一躍脚光を浴びたのが五郎丸歩選手。プレースキックの際の独特のポージング、いわゆるルーティーンが話題を呼び、芸能人を初め日本中で沢山の人達が真似をするほどです。

また、五郎丸選手はその甘いマスクと朴訥な雰囲気、そしてなんといってもラグビー選手ならではの逞しいマッチョな肉体により女性にも大人気です。では五郎丸歩選手とはどのような人なのでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大

五郎丸歩の経歴

五郎丸選手は日本ラグビーを背負って立つ星の元に生まれたのかもしれません。五郎丸歩選手は1986年3月1日に福岡県で生まれました。ラグビーを始めたのはなんと3歳の時です。しかし3歳から現在に至るまでずっとラグビーに専念していたわけではなく、他のスポーツも経験しています。

それはどのようなスポーツなのかというと、サッカーです。小学校の4年から6年の間はサッカーに専念していました。なんとこの時には福岡市の選抜にも選ばれているのです。

中学校時代にラグビーとサッカーを掛け持ちしていたようですが、このサッカーをしていた経験が、あの正確無比なプレースキックの基となっているのかもしれません。

そして高校からは再びラグビー一本の道を歩みます。ラグビーの強豪校である佐賀工業に入学し、高校ラグビーの甲子園と言われる花園には3年連続で出場しています。

大学はラグビーの名門早稲田大学へ入学。フルバックとして1年生の時から活躍をします。五郎丸選手が在籍時の4年間の早稲田大学の成績は、関東対抗戦全勝優勝4回、大学選手権優勝3回という素晴らしいものでした。

いかに五郎丸選手が素晴らしい選手であるかを象徴する成績といえるでしょう。この時からスター選手としての歩みが始まっていたのかもしれません。

大学卒業後はトップリーグのヤマハ発動機ジュビロに入団し、シーズンの得点王を複数回獲得するなどの活躍を続けています。

2015年ラグビーワールドカップでは周知の通りの活躍をしました。その結果、ワールドカップイングランド大会のベストフィフティーンに日本から初選出されています。日本代表のワールドカップでの活躍は五郎丸選手だけの力だけではありませんが、彼のスター性が大いに影響していると言えるのではないでしょうか。

これからも日本代表を背負って立つ選手であることは間違いないでしょう。

五郎丸歩の特徴

果てしない努力をすることができるのが五郎丸歩選手の特徴です。

多くのスポーツ選手の活躍の結果は努力の賜物であるのは言うまでのことではありません。しかし、その中でも五郎丸選手は努力の人と言えるのではないでしょうか。

五郎丸選手は高校2年に出場した全国高校ラグビー大会での準々決勝でキックの空振りやキャッチミスなどを連発してしまいます。結果チームは敗退してしまいました。その翌日から五郎丸選手へのシゴキとも言える猛特訓が始まりました。全体練習が終わった後の監督との居残り練習にも音を上げず耐え続けるのです。

この努力の結果、高校3年生になる頃には五郎丸選手の実力は飛躍的にアップし、キックの精度は高校生レベルを超えるようになったと言われています。

ラグビーワールドカップで活躍した今回の日本代表の勝利の要因と言われているのが、ハードトレーニングです。世界のどのチームよりも多い練習量で、何倍もハードはトレーニングをしたと言われています。あの高校生の時に経験した果てしない努力があったからこそ、ハードトレーニングに耐えることができ、バイスキャプテンとしてチームを引っ張ることもできたのではないでしょうか。

有名なルーティーンもメンタルコーチとの絶え間ない改善の努力の結果生まれたものです。果てしない努力ができることこそが五郎丸歩選手の強みであり、特徴なのでしょう。

五郎丸歩のトレーニング、食事

そして五郎丸歩選手の肉体の秘密は食生活にあります。

ラグビーの日本代表ですから、当然五郎丸選手の肉体は筋肉隆々です。どのように肉体を維持しているのでしょう。

五郎丸選手は食事対して非常に気を使っていると言われています。特に筋肉を作るのに重要な要素となるタンパク質をしっかり摂るようにしているようです。

クラブチームの管理栄養士の元で、なるべくタンパク質が多い食事を摂るようにしているのはもちろんですが、食事だけで不足している場合はプロテインなどを活用するなどの努力をしています。

また、練習やトレーニングで疲労した肉体をケアするために、練習後はバナナをすぐに食べるなどの工夫もしているようです。

海外の選手に当たり負けをしないよう、意識的に体重を増やしていた時期もあるようです。4年前の体重が94キロでしたが、現在は100キロになりました。日本代表の合宿では身体を大きくするために毎朝5時から6時の間みっちりトレーニングをしていたと言われています。

ハードなトレーニングで肉体を強化するのはもちろんですが、タンパク質を意識的に摂取したり、トレーニングの後は疲労を回復することに努めるなど、日々の努力が五郎丸歩選手が日々気をつけている食生活に世界で通用する肉体の秘密が隠されているのでしょう。

まとめ

ラグビー界を背負って立つ五郎丸選手。今年はラグビーのスーパーリーグに参戦し、世界へと活躍の場を広げていきます。テレビに出過ぎているなどの理由で、今後の活躍を疑問視する声も一部ではあります。

しかし、五郎丸選手であれば大丈夫でしょう。高校時代の挫折を乗り越え、日々食事に気をつけて肉体を作り上げ、独自のルーティーンを生み出すなど、地に足の着いた努力ができる人だからです。

このまま五郎丸歩選手らしい努力を続けて、世界に通用に通用するもっと大きな選手となってくれるのではないでしょうか。そして、彼の努力を見た若い世代と共に次回日本で活躍されるラグビーワールドカップでも日本を背負って立つ大活躍を見せてくれるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です